導入メリットが沢山!POSシステムで顧客や売上の管理を行なう

男性

取得にはコツが必要

相談

専門業者に依頼するのも手

香港に子会社を設立したり、香港で起業したりする場合にはビザが必要となります。90日以内の短期訪問や観光などではビザは不要ですが、それ以上の期間になるとビザを持っていなければいけません。香港でのビザ取得の流れは、まず必要書類を集めることから始まります。まずビザなしで入国し、現地で就労ビザに切り替える方法もありますが香港入境事務所は推奨していないので、なるべく日本で手続きを行ってから入国しましょう。香港ビザが認められるためには、香港にない技術や知識などを有しており、現地経済や文化の発展に寄与できることを証明しなければなりません。この証明のために、申請書やパスポートのコピーに加えて会社の業務内容や財政状況を示す書類が必要となります。会社や個人によって必要書類が変わってくることも多いので、事前に確認しておくとよいでしょう。郵送または日本にある事務所に提出したら、受理されるかどうか判明するまでに四週間ほどかかります。受理されればラベルが発行されるのでそれをパスポートとともに入国審査官に示すと入国と滞在が許可されます。滞在期間は入国審査官により決定され、期限が来る度に延長の手続きをとることになります。入国したら三十日以内に身分証を発行しなければなりません。滞在中は常に身分証を携帯していなければならないため、この手続きを忘れないようにしましょう。香港ビザは取得にコツが必要で、難しいといわれています。一度不受理になると再申請が難しくなることもあるので、不安なときは専門業者に依頼するのもおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加