導入メリットが沢山!POSシステムで顧客や売上の管理を行なう

男性

グローバル社会を生きる

握手

会社を設立する

グローバル社会において、日本のみならず様々な国へ進出し、会社設立する人たちが増えています。そんな中で、注目されているところの一つに香港があります。香港の魅力と言ったら、法人税が16.5%、キャピタルゲインが非課税、日本人1名でも会社設立ができ、会社設立のコストが安く済むことです。香港で、会社設立する場合は、流れを把握しておくとスムーズに行なうことができます。設立は、簡単にできると言われています。まず、香港法人の会社名の予約を行います。そして、登記住所の準備が必要となりますが、オフィスをどこにするのか決めておくとよいでしょう。準備ができたら定款、登記資料の作成を行います。次に、会社登記所にて会社設立し、税務局にて商業登記を行います。手続きが完了したらしたら、社判の作成にとりかかります。そして、銀行口座を開設します。その後、資本金の払い込みと株式の発行を行います。その作業が終われば、会社は設立され、香港で商売を始めることができるのです。会社設立に必要なことは、満18歳以上の株主と取締役が最低1名必要です。兼任でも構いません。そして、資本金は、香港ドル1ドル以上、香港での登記住所があれば、会社が設立できるのです。また、香港において、日本語の話せるスタッフ、日本人が経営しているコンサルタント会社も多くあります。資料作りなど対応してくれるため、香港進出において、設立は簡単ですが、その道のプロであるコンサルタント会社と一緒に作り上げていくこもと大切となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加